塾の紹介

対象学年は、小学生・中学生・高校生(既卒生)です。
集団個別指導では、塾長が平日の3時間を使って、生徒それぞれがその時までにしなければいけないことを直接指導します。
個別指導では、基本的に講師1人に対し生徒2人を個別に指導します。
夏期講習などの特別講習も行なっております。

小学生は、勉強の習慣づけを重視し、学校よりも多めの問題量をこなすことで中学生になった際のギャップをなくすようにします。具体的には、小学生の算数では、計算が出来ても文章問題になると解けなくなるというご相談が多いので、テキストは教科書準拠のものと実力をつけるためのものの計2冊を用意し、国語は将来の高校受験を見据えたテキスト使用して国語力を鍛えます。
小学6年生の英語に関しては中学生の文法のテキストを使用しますので、将来、中学校に進学する際にはかなりアドバンテージのある状態になります。

中学生は、学校への課題の提出物をきちんと出してもらう為に日頃から塾で課題の点検をします。夏休みなどの長期休暇の課題は早い時期に終わらせて、塾の授業に集中してもらう体制を整えます。
志望校については、本人が行けそうだと思っているところよりも出来るだけ引き上げて考えます。そうすることにより、その目標に近づく努力をするので、結果として当初は無理だと思っていた高校に合格するということがあります。

高校生は、1年生・2年生は学校の教材を使用して、その教材の内容をしっかりと身につけ、将来の大学受験に備えます。
3年生は、それぞれの志望校にあわせた教材を使用しつつ、それまでの総復習をします。
いくら素晴らしい授業を受けたとしても、自分でその知識を身につけることをあとでしなければ、意味がありません。
ですので、受験生は基本、毎日、塾で自習をするようにしてもらい、その際に出てきた疑問点を質問などで解消することによって志望校合格という目標を達成します。

長時間、塾で勉強できるように塾内の環境にも気を配っています。

休憩室で食事が出来ます。

授業の流れ

集団個別指導では、授業日までに学習した英数などの5科目の内容を全てこなしてもらいます。通常授業の中で学校の宿題やワークをしっかり終えて、塾のテキストで復習と予習をすることで、少なくとも定期テストの1週間前にはきちんとテスト勉強に集中できる体制を整えます。
中学3年生は、内申点が重要になるので、5科目に加えて副教科についても、塾で勉強してもらいます。

重複しますが、1回の授業時間は最大3時間ありますので、塾に来たらまず学校の宿題をしてもらいます。
それが終わり次第、学校の授業で習ったところの学校のワークおよび教科書の復習をしてから、塾のテキストやプリントを使って演習をします。

2年生・3年生には、私がこれはと思う前学年の内容をその都度、復習してもらいます。

やはり、目指すところは、定期テストの対策をテスト直前にするのではなく、普段から自然にしているかたちにして、テストの範囲表を受け取った時点で、本当の意味でのテスト勉強をすることが出来るようになってもらうことです。

入塾の流れ

  • 1. 体験授業の申し込みをしてください。
  • 2. 塾の説明と体験授業をさせて頂きます。その際に学習相談もさせて頂きます。
  • 3. ご納得がいきましたら入塾の手続きをしてください。

塾の概要

塾長からの一言

比較的、競争の厳しい加古川で個別指導の塾の教室長として4年間を過ごし、その間、様々な実績を上げました。今回、この明石地区でこれまで以上の実績をあげるように努力致します。

塾の概要

会社名 尾方学習塾
代表者 尾方 一男
設立日 2017年5月
住所 兵庫県明石市二見町東二見1148-17
電話番号 078-944-6011

沿革

2017年
5月
尾方学習塾 設立
2018年
3月
3月時点での中3在籍生
公立第一志望校合格100%
2018年
9月
集団個別指導 開始

お気軽にお問い合わせをしてきてください。

ご相談は随時、受け付けております。

powered by crayon(クレヨン)